TOP > お問い合わせ

会社概要

 

よくあるご質問

お問い合わせの前に

お客様から寄せられたよくあるご質問を掲載しています。お問い合わせ前にご確認ください。

全般的な質問
  • ActiveDataってなんですか?
    • ActiveDataは内部監査や不正検知等に威力を発揮するデータ監査(CAAT)ツールの代表格です。
      InformationActive Inc.(本社所在地:カナダ) が2004年にActiveDataをリリースして以来わずかの間に70以上の国の3,750以上の政府機関、企業等で導入されており、すでにデータ監査ツールの標準となってきています。
      データ監査の基本的な機能を網羅しているにもかかわらず、価格が驚くほど安く、かつ使いやすいという特徴を持っています。その秘密は、アドインソフトとしてMicrosoft Excel にエンジン部分を委ねていることにあります。
  • ActiveDataの国内での導入実績はありますか?
    • はい。大手電気機器メーカー様、監査法人様をはじめ、多くのお客様に導入いただいております。
      詳しくは導入実績のページをご覧ください。
  • CAAT(コンピュータ利用監査技法)にActiveDataを導入するメリットは何ですか?
    • データ監査の基本的な機能を網羅しているにもかかわらず、価格が驚くほど安く、かつ使いやすいという特徴を持っています。
      また、当社は監査法人のグループ企業として相互に人材・ノウハウを共有してサービス行っており、貴社へのソフトの導入や貴社にあった利用方法のアドバイス及び内部管理体制の整備、個別調査への具体的なソリューション提供等においても他社に負けない強みがあります。
      ActiveDataはリリースされて以来わずかの間に70以上の国の3,750以上の政府機関、企業等で導入されており、すでにデータ監査ツールの標準となってきています。
  • 我が社でもデータ監査ツールは必要ですか?
    • 企業の不祥事が度々ニュースになる中で、コンプライアンス(法令遵守)やコーポレート・ガバナンスの重要性が再認識されています。
      企業内部の不正は、どんな企業においても発生する可能性があるものです。発生を放置すると、従業員のモラルの低下を招き、会社に多大な損害を与えることにもなりかねません。また、長期的には、会社の競争力をなくす一因となる可能性も考えられます。
      しかしながら、内部監査の実施には時間的・人的、あるいは金銭的な制約など多くの課題があり、不正発見に至らない可能性があります。
      また、業務のほとんどがIT化されデータ化されている現在、CAATを駆使しなければ不正発見は困難な時代になりました。
      その点、CAATツールとしてのActiveDataを利用することで、これまでより効率的かつ効果的な監査が可能となり、不正を検知しやすくなります。
  • ActiveDataの導入を検討している段階ですが、内容がわかるような資料を送付してくれますか?
    • はい。カタログダウンロードからカタログをダウンロードして戴けるほか、メールや電話によるお問い合せも受け付けております。
      なおWebでの情報も参考にしてください。
  • ActiveDataの導入後、トレーニングや研修はどのようなものがありますか?
    • はい。研修・セミナーを各種取り揃えております。
      詳細はこちら
  • CAATの一般的な導入にかかる費用はどれくらいですか?
    • Active Data は製品ライセンスがわずか32,800円(クレジットカード払いですと$299)で購入できます。その後必要に応じて研修やセミナー等への参加を検討ください。
      ActiveDataがExcelという一般的に使い慣れたソフトによっている一方、他社製品では新たなソフトとして使い方の習得から始める必要があります。そのため、ライセンス購入だけではなく基礎段階でもトレーニングを受けなくてはならず、結果として多額の費用がかかります。(A社:最低限のトレーニング込みで約100万円)
      ActiveDataは他社製品が備えるデータ監査の基本機能を網羅していて低価格、使いやすいデータ監査ツールです。是非、導入をご検討ください。
  • Active Dataの導入を検討しています。デモ等を見ることはできますか?
    • 無料の製品紹介セミナーで直接デモをご覧いただけるほか、当ホームページ内のデモムービーで操作方法の動画でもご覧になれます。
  • Active Dataの開発元はどこですか?
    • Active Dataの開発元は、カナダのInformation Active社です。当社はわが国におけるActive Dataの総販売代理店です。
      InformationActive Inc.(本社所在地:カナダ) は、2003年に設立されたデータ監査分野の世界的企業です。
      2004年にActiveDataをリリースして以来わずかの間に70以上の国の3,750以上の政府機関、企業等で導入されており、すでにデータ監査ツールの標準となっています。


具体的な質問
  • ライセンスポリシーをを教えてください。
    • 1名様につき1ライセンスとなっております。
      ただし、1名様で複数のマシンにインストールされる場合、マシン3台までが上限となります。それを超える場合は追加でライセンスをご購入ください。
      なお、製品サポートをご購入いただいていないお客様は、マシン1台が上限となります。

      ライセンス数の例(製品サポートをご購入いただいているお客様の場合):
      ・1台のパソコンにインストールして、1名で使われる場合 … 1ライセンス
      ・1台のパソコンにインストールして、3名で使われる場合 … 3ライセンス
      (1名様につき1ライセンスのため3名様分ライセンスが必要です。)
      ・3台のパソコンにインストールして、1名が使われる場合 … 1ライセンス
      ・4台のパソコンにインストールして、1名で使われる場合 … 2ライセンス
      (3台までは1ライセンス、それを超える場合はさらに1ライセンスが必要です。)

      ※製品サポートをご購入のお客様で2台以上のマシンにインストールをご希望させる方は、弊社へご連絡いただく必要があります。

      ライセンスをご購入の際は、上記をご参考に必要ライセンス数を正しくご購入頂きますようお願い致します。
      ご不明点は弊社までお問い合わせください。
  • 処理対象となるファイルの形式は決まっていますか。
    • ActiveDataで処理するためには、データをExcel上に展開する必要があります。もとのデータがCSVなどの形式である場合、Excelに取り込んでからご利用ください。
  • 処理対象となるExcelシート上でのデータの配置は決まっていますか。
    • ActiveDataで処理するためには、シートの1行目をデータのタイトルにしてください。そして、それ以降にデータを連続して配置してください。
  • 処理対象シートに1列しかないのですが、動かせますか。
    • シートに含まれるデータが1列だけでは動かない機能があります。その際は仮の列を別に追加すると動くようになります。
  • Excelのリボン上にActiveDataが表示されなくなったので復活させたいのですが。
    • ActiveDataのソフトウェアのアップデート中にExcelを完全に終了していなかった場合、あるいは、Excelが作業中にフリーズした場合、あるいは、Officeソフトウェアをアップデートした際に発生することがあります。


      ○Excel 2007-2010 の場合:
      ・ オフィスボタンをクリックしてください。(画面左上)
      ・ 「Excelのオプション」を選択してください。(画面右下)
      ・ 「アドイン」を選択してください。(画面左側)
      ・ 「管理」ドロップダウンをクリックしてください。(画面中央下部)
      ・ そこから「Excelアドイン」を選択します。
      ・ 「管理」ドロップダウンの横にある「設定」をクリックしてください。
      ・ 「ActiveData」がリストに表示されたらチェックボックス選択して有効にしてください。
      ・ Excelを再起動してください。

      ○Excel 2003 の場合:
      ・ Excelの「ヘルプ」->「Excelメニューオプションについて」を選択してください。
      ・ 無効にされている項目ボタンをクリックしてください。
      ・ ActiveDataがリストにある場合は、有効にしてExcelを再起動してください。

      ○上記の方法で直らなかった場合:

      ・ 管理者権限のあるアカウントでPCにログインしていることを確認してください。
      ・ コントロールパネルを開きます。(「スタート」->「設定」->「コントロールパネル」、あるいは、「スタート」->「コントロールパネル」)
      ・ 「プログラムと機能」を選択し、「ActiveData」をクリックします。
      ・ 「削除」をクリックします。
      ・ 何か警告が表示されないか注意してください。
      ・ インストールファイル(.msi)をCD、あるいは、新しくダウンロードしてインストールしてください。
      ・ 次のリンクより最新バージョンをダウンロードできます:ダウンロードはこちら
      ・ すべてうまくいけば、Excelを起動してActiveDataを利用できるようになります。
  • アンインストールできますか。
    • ・ 管理者権限のあるアカウントでPCにログインしていることを確認してください。
      ・ コントロールパネルを開きます。(「スタート」->「設定」->「コントロールパネル」、あるいは、「スタート」->「コントロールパネル」)
      ・ 「プログラムと機能」を選択し、「ActiveData」をクリックします。
      ・ 「削除」をクリックします。
  • 新しいコンピュータにインストールできますか。
    • サポートフォームよりご連絡ください。ご連絡後にお客様の新しいPC、あるいは、再インストールしたPCの為のライセンスキーを作成します。ソフトウェア登録方法の説明をE-Mailでお送りします。
  • メニューが日本語対応されていないのですが、なぜですか。
    • Excel2003-2010のバージョンでのみ日本語に対応しています。過去のバージョンExcel2000-2002(XP)では日本語で動作しません。英語版をご利用ください。
  • 操作履歴は見られますか。
    • ActiveDataで分析を行うと、その度にシートの左上のセルにコメントが挿入されますので、そちらをご覧ください。
  • シートの最初のタイトル行をダブルクリックするとデータが並び変わってしまいます。なぜですか。
    • 「ヘルプ」->「オプション」->「全般」タブを選択していただくと、「列名をダブルクリックしてデータをソートする」チェックボックスがありますので、チェックを外してください。
  • ドリルダウンすると過去に実行したドリルダウンシートにデータが追加されてしまいます。ドリルダウンするたびに新しいシートに出力できますか。
    • 「ヘルプ」->「オプション」->「全般」タブを選択していただくと、「ドリルダウン結果を新シートへ出力」チェックボックスがありますので、チェックしてください。
  • シートの結合をしたところ、セルの数値がブランクになってしまいます。なぜですか。
    • セルの左上に緑の△が表示されていませんか。その場合、セルを選択したときに表示される”!”マークから「数値に変換する」を選択し、書式を数値に直してから実行してください。また、実行結果は「M/標準」と出ますが、書式を数値にすると、小数に変換されます。
      この方法で一旦数値に戻した後に再度書式を文字列にして実行しても結果は正常に出力されます。
      一方、”!”マークで「エラーを無視する」を選択したり、”!”マークではなく直接「セルの書式設定」から書式を修正したりしても、結合に失敗する可能性があります。
      なお、大量のデータの場合はActiveDataのセル→選択セルを変換→数値形式に変換でも可能です。
  • ピボットテーブルでサンプリングができません。
    • 別シートに値のコピーをした上でサンプリングを行ってください。

ActiveDataについての申し込み・お問い合せはこちらまで

電話でのお問い合わせ

受付時間 | 9:00~18:00(※土・日・祝を除く)

メールでのお問い合わせ

メールフォームよりご連絡ください。


 

ページ上部へ

資料請求お問い合わせ
 

ページ上部へ


ActiveData For Excelを用いたデータ監査入門
ActiveData For Excelを用いたデータ監査入門
お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

お問い合わせはお電話でもどうぞ 03-3548-2032 明誠リサーチアンドコンサルティング
ご購入

購入する

クレジットカードで購入する

 
ダウンロード

サンプル画像

ActiveData for Excel
30日無料評価版


ダウンロード

サンプル画像

ActiveData for Excel
製品パンフレット


ダウンロード

サンプル画像

ActiveData for Excelなら とっても簡単データ監査
要約版データ監査事例集


ダウンロード

 

 
明誠グループ
明誠監査法人
明誠リサーチアンドコンサルティング
明誠税務会計事務所
明誠労務管理事務所